外壁塗装

屋根・防水工事

屋根のこんなことでお困りではないですか? 雨漏りしている 台風などで瓦が飛んでしまった 雨どいが壊れた

屋根のお問い合わせ内容でい多いのが

1、雨漏りしている
2、瓦が飛んでしまった
3、雨どいが壊れた

この3つが多くお問い合わせいただきます。本当はこのような症状になる前に定期的なメンテナンスでお家を長持ちさせるようにするのが一番ですが、こうなってしまったからにはまずは屋根の修理方法を決めましょう。

屋根の修理方法を決めましょう!

屋根修理(屋根リフォーム)と言っても、普段はなかなか自分では見ることのできないのが屋根の上。
実は屋根は、いろいろな役割があります。 例えば風雨から住まいを守り、夏の暑さや冬の寒さを和らげ、 快適な居住空間が得られる大切な役割を担っています。
一般的な屋根材は新築後10年〜20年経過すると屋根修理(屋根リフォーム)が必要となります。
屋根リフォームをお考えの方は、建て替えまでの年数を考慮し、地震・台風などの災害にも安全で安心できる屋根材を選び、予算に合った屋根修理(屋根リフォーム)をご検討ください。

葺き替え

葺き替えのメリットは、現状の屋根全てをはがし、新たに瓦やガルバリウム鋼板などで覆いますので、断熱効果もアップし電気料金も下げる効果が期待できます。
見た目も新しく、一からやり直しますので、この機会に太陽光発電等を取り付ける方も多くいらっしゃいます。

カバー工法

既存の屋根に新しい屋根を被せる工法です。屋根を二重にするので断熱効果もアップし、 屋根を解体する費用もいらず、施工期間も抑えられるなどのメリットがあります。

塗装

現状の屋根に新たに塗装を施します。
塗装費用だけですので、施工期間が短く、安くできます。
今の屋根の色が気に入らないなど比較的新しい段階での塗り直しが必要な場合に適しています。
今回のように雨漏り、瓦が飛んでしまった、雨どいが壊れたなどの実害が出ているような場合には適しません。

防水工事の工法

ウレタン防水

ウレタン防水工事の特徴として、比較的、安価というメリットがありますが、デメリットとして塗膜の均一性が低いことが挙げられます。
しかし、耐久性および遮熱性にとんだトップコートを合わせて使うことによりコストを抑え、また、定期的にトップコートの塗り替えをする事により紫外線による劣化も防ぐ事が出来ますので、長期間、耐久性を持続させる事が可能です。
防水工事の種類の中では目立たない工事ですが、モルタル面にピンホールや隙間があると、その上に塗布する塗膜が成膜せず漏水の原因となります。
当社では下地防水をしっかりして漏れがないように施工します。

FRP防水

FRP防水とは、FRPは複合材料の一つで、ガラス繊維にポリエステル樹脂を含ませ、強化した材料で、非常に強靭性と弾力性に優れています。
マンションの防水工事やベランダ・屋上・外壁・階段など、劣化しやすい箇所すべてに雨漏り防止や、傷んだコンクリートなどの修繕と一緒にFRP防水を施します。
新築物件では基礎工事となり丁寧な仕上げが要求され、改築工事では屋上をお庭になど様々な要求にお答えします。

塩ビシート防水

塩ビシート防水工事とは、塩化ビニル樹脂で作られた防水シートを張っていきます。
大きく分けて2つの工法があり、
接着剤などで下地に貼り付ける密着工法
ディスク板などで固定していく機械固定工法
があります。 ALCなどの鉄骨構造の屋根に適し、ゴム弾性があり、伸縮性に優れている加硫ゴムシート防水と、シートを溶着や熱融着する 塩化ビニルシート防水があります。
シート状なので均一な厚みで防水層をつくることが出来る点もメリットです。